坂井直樹さんの盟友アラン・チャンさんが、哲学の道近くの鹿ヶ谷にギャラリー「KYOTO 27」をオープン。本日、オープニングに伺いました。
12月31日までの初展示は「茶時光 TER TIME」。
レーフレットには—–「時光」という言葉は中国語です。「時間」という意味ですが、日本語の時間とは微妙な違いがあります。「時光」には、生活や思い出、という意味も含まれるので、使うときに少し懐かしい気持ちを伝えることができます。—–とあります。

日本・香港・台湾から作家11人の作品200点を展示。小さくて使いやすそうな器たちが揃っていました。
この企画展には、KYOTO 27の設立者のアラン・チャンの茶道具コレクションも展示されています。

KYOTO 27
「茶時光 TER TIME」
日本・香港・台湾 茶道具展
2017.10.27-12.31
https://www.facebook.com/Kyoto27/

Alan Chan
https://www.alanchandesign.com





Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + one =